ABOUT TATEMACHI

竪町商店街は、金沢市内の中心商業集積ゾーンである香林坊・片町地区内に形成される5つの商店街の南端に位置し、南北に延びるほぼ直線約430mの市道の両側に店を構える「北陸No.1のファッションストリート」で、通称「タテマチ」と呼ばれています。 ストリートには、アパレル関係のお店を中心にジュエリーショップ、コスメショップ、美容室、雑貨・インテリア、カフェ、呉服店、ブライダルショップなど約150店舗(大型ファッションビル含む)の多彩なショップが立ち並びます。 毎日、正午から夜7時までストリートが歩行者天国になることが特徴で、土日は県内はもちろん近隣県からも多くの若者や家族連れを集客する超広域型商店街です。 2017年春にはホテルや外国人旅行者向けのドミトリー(宿泊施設)、ファッションの専門学校金沢文化服装学院のタテマチまちなか新校舎などの新しい施設も誕生します。

HISTORY

歴史上の街 元和の頃、加賀藩3代藩主 前田利常公時代から既に街並みが形成され、寛永9年(1632年)の灯油と酒を扱う店の此の地での開店をもって、竪町元年と設定
昭和38年 竪町商店街振興組合設立
昭和43年 壁面線指定申請 許可
「ほていや」進出
昭和44年 「長崎屋」進出
昭和45年 日曜歩行者天国実施
昭和47年 近代化事業(アーケード歩廊)
昭和51年 ファッションビル ベルセル開店
昭和52年 竪町商店街 建築協定 締結
昭和54年 ファッションビル パティオ開店
昭和57年 タテマチ駐車場完成 (205台収容、自走式、鉄骨6階)
ファッションビル ラポルト開店(H13年閉館、H17年「オーバル」開店)
昭和61年 街路改造事業 完成 (1回目)
平成11年 タテマチモール化整備事業 完成 (2回目)
平成18年 金沢市と竪町商店地区「まちづくり協定」を締結
午後の歩行者天国の全日実施
平成26年 タテマチ駐車場 自走式無人化駐車場にシステム変更
平成27年 商店街まちづくり事業「竪町商店街コミュニティ整備事業」完成